明日へとつづく 道づくり 竹中土木

会社情報

トップメッセージ

私たちが大地というキャンバスに描くのは
地球環境と共生しながらどこまでも未来へとつながる道です。

写真:取締役社長 藤本 庄二

取締役社長 藤本 庄二

「道路」は交通インフラの要であるとともに防災空間や地下収納空間、環境創造空間などさまざまな役割を担っています。
私たち竹中道路は、社会基盤の土台とも言えるこの「道路」を専門として50余年…「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」という経営理念のもと社会資本の整備を通じて社会の発展と人々の暮らしの向上に貢献し、竹中工務店グループの道路専業会社として堅実に歩んできました。
自然災害の脅威やインフラの老朽化など多くの社会的課題を抱える近年、私たち建設業に求められる機能や価値、社会的責任は益々重要性を増してきています。また、『壊して新たにつくり直す』開発から、環境と共生する維持・修繕へとへシフトしています。
当社は、竹中グループCSRビジョンのもと「快適で安全な道造り、人に優しい街創り」を通じて持続可能な社会の実現を目指し…未来へとつながる道を描きつづけます。